• Masako

「サル来ました〜」

ハーバードビジネスレビューの記事の中に「サルはどこに行った」というのがあります。


上司であるあなたがオフィスを歩いていると、向こうから部下がやってきます。

「あ、良いところで会えました。実はちょっと例の件で困っているんですが・・・。どうしたらいいか悩んでるんですよ。」

「そうか、しょうがないなあ、じゃあ私が代わりにやっておくよ」

「ありがとうございます!」


サルは、あなたに会う前は部下の肩の上にありました。

あなたとあった後のサルはどこにいますか?

あなたの肩の上です。

さあ、「サル」とはなんでしょう?


これを素材にディスカッションすると、上司の皆さんは話が止まりません。

サル=仕事や課題、ですね。

それを部下が上手に上司であるあなたに渡してしまった。

もしくはあなたがウッカリ(よろこんで?)もらってしまった。

こういう状況、ありますよねー。

私がやった方が早いと思いこんでしまい、与えたはずの仕事をいつの間にか自分がやってしまう。

そして「サル」を上司にうまーく渡す部下もいますしね。


渡した仕事が途中で頓挫してしまい、部下が上司に相談する場面は多々あります。

その時にどう対応するか次第で、部下の仕事対応力が上がりもするし、下がりもします。

そんな事はわかっているはず!

でもついつい「もういいから!」の一言で「サル」を引き受けてしまう。

さあ、そこでぐっと我慢して、話を聞く、アドバイスをするなどをして「サル」をきちんと部下に戻して仕事を完遂させる事をしていきましょう。

まあ中には好きなサルを、喜んでもらってしまう上司の方も多いんですけどね。


  • White Facebook Icon

© 2018 Salon de Masako<サロン ド マサコ>