• Masako

せっかく上げたのに落とさない

リーダーの皆さんとフィードバックについて語る機会がありました。

「ほめる事から伝えるようにしています!」という皆さんに「じゃあ改善してほしい事はどうやって伝えているか、やってみてください」とお願いしました。


「備品の管理はいつもきちんとやってくれているよね。でも会議での発言は少ないから、そこを改善してほしい。」といういつものパターンを披露してくれたリーダーさんの発表。

これってどうでしょうか。


そもそもなぜほめる事から伝えているのでしょう。

モチベーションを高めて、改善点を受け入れやすい状態を作りたいから。

ほめられた事で上がったモチベーション、「でも・・」と言われたらどうなるでしょうか?

ダメ出しされた事で、モチベーションが下がりますよね。

上がった分下げられちゃうと、より痛く感じるかもしれません。

極端に言うと、ダメ出しするためにほめたの?となってしまうかもしれない。

だったらどう言えば良いのでしょうか?


せっかくモチベーションを上げているので、そのまま続けてポジティブなトーンで改善点を伝えれば良いのです。

「備品の管理をキッチリやってくれてるよね。だから会議でも積極的に発言してもらえるともっと良いと思うよ。」

あれ?でもそれって文章としてなんだか変じゃない?

でも良いんです。

口頭で言われた事を聞いている分には、スッと聞けます。

それよりも何よりも、せっかく上げたモチベーションをさらに上げながら改善点を伝えていく方が重要。

伝えている事が同じでも、それをつなぐ言葉が変わるだけで受け手に伝わるメッセージが変わってきます。


せっかく上げたモチベーション、上げ続けましょうよ。


50回の閲覧
  • White Facebook Icon

© 2018 Salon de Masako<サロン ド マサコ>