メンターを探せ!

前回日本舞踊の家元の方が今でも学んでいる、という話を書きました。

家元でも、さらに学ぶ場を求めて研鑽されているという話。

コレ、人材育成用語でいうところの「メンター」という存在ですね。

だんだん経験を積んでくると、メンターを見つけにくくなる、というか見つけなくなる。

いろいろチクチク言われたくないから、ですね。

自分の人間関係の中でメンターを見つける事は、人生を豊かにしてくれるものです。

現在の仕事の人間関係の中でないところでメンターを見つけられると、視野も広がります。


私にもメンターを言える人がいます。

私が勝手にメンターと思っているので、その方はご存知ないのですが。

数回にわたって行われたある勉強会で知り合った方。


実際に会うのは年に1、2回程度ですが、何か困った事が起きると心の中でその人ならどうするか?と考えます。

会った時にもあれこれアドバイスをくれたりはしない、だけれども普段言えないようなグチを聞いてもらえる。

いろんな意味で有難い存在です。


皆さんにもメンターはいますか?



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7年ほど前に毎月地元福岡で「朝活、昼活、夜活」と題して、短い研修をやっていました。興味を持ってくださった方が単発で参加してくださる勉強会ですね。 冬の朝まだ真っ暗な7時からの朝活に参加してくださる皆さんは、やっと明るくなってきた頃に出勤される。 それを見送りながら、来月何やりますか〜?と主催の3人で考える。 これを繰り返していた時期、とても楽しくワクワクするものがありました。 それを2022年1月