• Masako

他の人を観察してわかる事がたくさんあります。

ユルい靴を履く事の弊害は、これまで何度も書いて来ました。

でもどんな状態のことを言っているのか、なかなか分からないものです。

ユルいとピッタリの差ってなんだろう?と思ったら、人通りの多い場所で歩いている人の足元を観察してみてください。

その時に、立ったままではなくベンチなどに座ってみましょう。

目線が足元に近いぶん、靴と足とのフィット感がよくわかります。


特にサンダルの季節になって、裸足でユルユルと履いている人が多いですね。

そういう人たちは、前に踏み込んだ時にほとんどカカトが上がっていません。

サンダルのカカトがたくさん余っているような、サイズがあっていないまま履いている人もいます。

今だけなら何も困った症状は出てこないかもしれませんが、長年続けているとよくない歩き癖がつく可能性大。

早く自分にあったピッタリを見つけましょう。

そのための観察です!

あ、くれぐれも挙動不審になりすぎないように、御用心を。


11回の閲覧
  • White Facebook Icon

© 2018 Salon de Masako<サロン ド マサコ>