• Masako

地味なところで支えられています。

年末年始のスニーカー生活が終わり、パンプスで仕事をするとやっぱり背筋が伸びます!

そんな履きこごちを見つけるセミナー「靴会」を開催します。

https://salondemasako-shoes-200125.peatix.com/view



久しぶりに買ったパンプスを取り出して履いてみました。


2年くらい前に買った靴、そんなすごいブランドのものではありませんでした。

(ロゴが擦り切れています...)

靴のアウトレットで20ドルくらいだったような。(安っ!)


試着した瞬間、柔らかくて気持ちいい!と買いました。

黒だし、ヒールが5センチくらい。

仕事で履くのにピッタリ!

でも履いてみると途中から何だかちょっとねーという感じになってしまう。

それでだんだん出番が減っていき、6.5センチや8センチのパンプスを履く頻度が増えてきました。


今回改めて一日中履いてみての気づき。

柔らかすぎるんですよ。

特にこの辺りが













踏み込んだ時にこの辺りが柔らかすぎて、支えてくれないので、カカトがスポンと抜けそうになる。

だから急ぎ足や走ったりする時にその事が気になるんですね。


固い靴は痛い。

柔らかい靴は快適。

ついついそう考えますよね。

特に歩き疲れた靴ショッピングの時に、足を入れて柔らかいと買いたくなりませんか?

でもカカトの周りをしっかりホールドしてくれないと、ゆるゆるになってしまい

抜けそうになったり、結果的に前滑りしてつま先が痛くなってしまう事になってしまう。


「とっても柔らかい履き心地です!」なんてフレーズを靴のインターネットショッピングで見つけると、ちょっとドキッとする今日このごろ。

パンプスの試着の時には、ついつい親指の辺りやつま先のフィット感に注意が向きがちです。

ぜひカカト周りのホールド感を確認してください。

しっかりと包まれているような、安心感があるかどうか。

(もちろん固すぎると、痛くなっちゃいます)

そのために、買う前にお店の中でできるだけ歩き回る事。

ミラノやフレンツェでは、男性も女性も靴の試着時間が長い長い。

私が入店する前から居て、私が買って帰る時にもまだ試着している人がたくさんいました。

ただしお店に迷惑がかからないように、カーペットの中だけを歩くなどのご配慮を。


次回はこの靴でちょっとした実験をしてみたいと思いまーす。

25回の閲覧
  • White Facebook Icon

© 2018 Salon de Masako<サロン ド マサコ>