演技じゃなくて、本心で

若手管理職の方達との研修では、様々な質問が出てきます。

真剣に考えてくださっているからこその質問は、聞かれる私にも考えさせられるものがあります。


部下役上司役に分かれての面談ロールプレイの後に、「部下役が話している時にメモを取っている上司役の方を見ていたら聞いてもらっている感じがしたので、フリでもメモを取った方が良いですか?」というご質問がありました。


上司ってどこかで「演じる」時もありますよね。

「期待してるよ」「任せたよ」「頼りにしてるよ」を熱量を込めて伝える時があります。

「早くやってよ」「自分で考えてよ」「何度も聞きにこないでね」と言い換えもできそうですが(笑)。


話している時に相手が熱心にメモを取ってくれていると「ああー、本当に聞いてくれているんだなあ」と感じてくれるものです。

フリから始まる事もあるかもしれません。

ある意味上司には演技力が求められる時もあると思うので。

ただし、最後まで演技やフリでやっていたら、それはやはりどこかでバレます。

「始まりが演技でも、途中から本心で」というのが冒頭の質問の答えですね。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7年ほど前に毎月地元福岡で「朝活、昼活、夜活」と題して、短い研修をやっていました。興味を持ってくださった方が単発で参加してくださる勉強会ですね。 冬の朝まだ真っ暗な7時からの朝活に参加してくださる皆さんは、やっと明るくなってきた頃に出勤される。 それを見送りながら、来月何やりますか〜?と主催の3人で考える。 これを繰り返していた時期、とても楽しくワクワクするものがありました。 それを2022年1月