頭でわかっているのに、やってしまうこと

自白します。

数日前に「成長の過程にいる人への過剰の期待は逆効果」と書いていたくせに、仕事でご一緒する機会の多い若手のトレーナーさんに「この仕事はずっと続けていけるキャリアになるから!」と聞かれもしないのにペラペラ喋ってしまう私がいました・・・。

トレーナーさんは、目の前に迫った初めてやるトレーニングの事で頭の中がいっぱいになっているはずなのに。


私の話を聞きながら「はいはい」とうなずいてくださるのを良いことに、ペラペラ喋る私。

はいはい、とうなずいてくださるトレーナーさん。

でも全く耳に入っていない私の話。

聴いてもらっている錯覚で、気持ちよくなっている私。


こういうミスマッチな状況、ありませんか?

「聞いてる?」って聞いても「はい」と返事が返ってくるばかり。

でも本当に伝わっているかは別。


相手が話を聞ける状況なのかどうかを見極めるために、相手の様子をよく観察してみましょう。

その若手トレーナーさんは私の方向を見てはいましたが、しっかり見てくれてはいませんでしたね。

目が軽く泳いでる状態。

そんな様子に気づけるくらいの観察力が、上司力先輩力なんだと思います。


これからもしばらくこのトレーナーさんとのお仕事が続きます。

まずはその方の「一番の関心事」の解決にフォーカスしたいと思います。

(自分への備忘録ですね、このブログ)


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

7年ほど前に毎月地元福岡で「朝活、昼活、夜活」と題して、短い研修をやっていました。興味を持ってくださった方が単発で参加してくださる勉強会ですね。 冬の朝まだ真っ暗な7時からの朝活に参加してくださる皆さんは、やっと明るくなってきた頃に出勤される。 それを見送りながら、来月何やりますか〜?と主催の3人で考える。 これを繰り返していた時期、とても楽しくワクワクするものがありました。 それを2022年1月