靴同行ショッピングレポート①

最終更新: 5月18日

「最近はオンラインでまあ可愛いコントフォーシューズを買うだけですねー」というリコさんと、靴同行ショッピング♪

リコさんのご要望は「黒かグレーの、シンプルなパンプスで5−6センチのヒール」とのこと。じゃあデパート行きましょう。やっぱり数が多い方が選びやすいです。


今年はまだまだセール品もたくさん残ってる!

ショッピングにウキウキ♪

まずブラブラ見ていたら、リコさん早速良いなと思ったパンプスを見つけたようで、その場で手を伸ばして裏返してサイズを確認、立ったまま足を入れようとします。

そこで待った!

チャチャっと足を入れただけでは履き心地を確認できないのです。

後でじっくり履いてみましょう。

まずは履きたいなあと思うものを選ぶために、お店を一周しましょうとお伝えしました。


お店をぐるっと回ると、さすがデパート、たくさんの靴がありますね。

今のトレンドはやっぱりカカト低めが多いかな。

6センチ前後が主流です。


日本製の靴以外に、ヨーロッパブランドの靴のコーナーもあります。

憧れのサントーニ♪。レザー が柔らかいの。

キラキラスニーカーも増えましたね。

履きやすさとファッショナブルを兼ね備えた優れもの。


1周目終わったところで、お店のスタッフさんにお声かけ。

リコさんが履いてみたい靴をピックアップして、いよいよ試着スタート。

大きなデパートで靴を買う時には、広々したソファ席を確保しましょう。


じゃあ試着となった時に、またまたちょっと待った!

靴ベラ使いましょう。

靴のカカト部分は歩く時に靴をしっかりホールドしてくれる重要なパーツ。

そこを潰してしまうと、ゆるすぎて靴ずれの原因に。

そもそも靴ベラなしでサクッと履ける靴はゆるいという証拠。

めんどくさがらずに、女性も靴ベラを使いましょう。


履いてみて、2メートルくらい歩いてソファに戻るなり、あーこれ良いいかもーと決めそうなリコさん。

待った!

はい、座ってないでどんどん歩きましょう。カーペットの敷かれているところであれば、お店の商品を痛めることもありません。

履いているうちにフィット感を確認できるので、ぐるぐる歩き回りましょう。


ちょっとサイズが・・・という時には遠慮せずハーフサイズ上または下を持ってきてもらって、フィット感を確かめましょう。


悪くないけど、ちょっと・・・というリコさんに私が取り出したのが市販の中敷!

新品を持っていけば、お店の方から嫌な顔をされる事はないです。

ぜひ持参することをお勧めします。

合わなければ、入れる位置を変えてベストなフィットを探します。


いろんなサイズを持参。

ジェルタイプの中敷は滑り止めにもなる

まずはこの辺りに入れて様子をみましょう。



ぴったりフィットしてる!

今回リコさんが履いた中では、ランバンアンブルーとロックポートが発見でしたね。

どちらも大手のデパートには入っているものなので、今後の靴選びの一つの参考になりそう。

ロックポートは中敷がなかなか特徴的。 

クッションが良くて履きやすそう。

ヌードベージュは長いシーズン使えるカラーなので、女性らしい足元を演出してくれますよ。


入店から試着、お買い上げまでで1時間ちょっとかな。

楽しかったです♪

私はサイズの関係で一足も履けないんだけど、それでも楽しい。

本当に靴選びのお手伝いが好きなんだなあ。

靴ショッピングが苦痛という方、同行しますよー。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示